食道がんの主な症状

食道がんの主な症状

主な食道がんは扁平上皮がんと腺がんで、食道粘膜にでてきます。こうしたがんは食道のどの箇所にもできて、食道が狭くなったり、食道内にこぶのようなものができる、粘膜に扁平な病変ができる、食道と気管につながる異常な通路ができるといった形ででてきます。

早期の食道がんの場合は特に症状がありません。食道がんは、固まりをを食べたときに、のどのつかえから初めて気がつくことがよくあります。これはがんが大きくなって食道の内側が狭くなったためです。数週間もすると軟らかい食べものや水分も飲みこみづらくなります。この状態が続くと食欲はあっても体重が減ってきます。

食道がんが進んでくると食道のまわりにあるいろいろな神経、組織、器官を障害します。声を調節している神経を腫瘍が圧迫すると声がかすれます。頸部交感神経を圧迫するとホルネル症候群を発症し、痛みやしゃっくりがでてきます。がんが進んできて肺などに転移をおこしてしまうと息切れがしてくるし、肝臓に転移すると発熱と腹部の腫れがでてきて、骨に転移すると激しい痛みがあらわれてきます。

食道がんが脳にまで転移すると頭痛、錯乱、けいれん発作がでてきて、腸に転移すると嘔吐、血便、鉄欠乏性貧血がそれぞれ認められます。腎臓に転移したときは、症状がないのがしばしばです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃の感染症
次の記事:胃腸炎の症状
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。