便秘は食べ物で改善を

便秘は食べ物で改善を

便秘自体は食べ物でなおすことがのできる代表的な症状です。便秘は大腸の中に便が停滞し、出にくくなったものをいいます。その原因によって、機能性の便秘と器質性の便秘に大別をされます。

機能性便秘は、便をだす大腸の機能がよわってしまい、便秘になったものの総称で、程度のかるものから、一過性便秘、慢性便秘、弛緩性便秘、痙攣性便秘などがあります。

器質性便秘は、大腸に癒着があったり、大腸の形の異常によって便秘になるもので、これは食べるものでなおすことができないタイプの便秘です。頑固で長期間でない便秘や開腹手術のあと、しばしば便秘するようなら、専門医の診察を受けたほうがよいですね。

一過性便秘、慢性便秘は、たべもので治せるタイプの便秘です。そのほうが正しい治療だという専門医もいます。弛緩性便秘は老人や胃腸の弱い人に多いものでこれも食べ物が有効になります。痙攣性便秘は、ストレスや心理作用でおこり、食べ物よりも生活の改善がまず必要です。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。