胃潰瘍はどうして起こるのか

胃潰瘍はどうして起こるのか

日本人に多いとされる胃潰瘍や十二指腸潰瘍です。胃潰瘍は、胃液と胃を保護する粘膜とのバランスが崩れた時に起こる病気です。

胃は、食べた食物を小さく分解していくために消化してくれる胃液は強い成分で胃粘膜を溶かすほどの力を持っています。胃では、胃粘膜が消化されないように粘液を放出しています。

胃液の胃酸は攻撃因子と呼ばれ、胃粘膜の抵抗力や粘液を防御因子よばれています。健康な状態の時はこの二つの均衡がたもたれているということになります。

それがストレスとか薬の飲用といった外部からの刺激がが強くなってしまったり、抵抗力の低下や粘液の分泌が減ることによって「防御因子」が弱くなってしまうといった、バランスが崩れると胃粘膜が消化されて傷つき、胃潰瘍とか十二指腸潰瘍が発症します。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、その年齢によって発症率が違い、若い人では、十二指腸潰瘍を発症することがみられうようで、年を重ねると胃潰瘍を発症することが多くなっているようです。

塩酸やペプシンが出てくる、潰瘍のできにくい胃底腺領域と幽門腺領域との境目の幽門腺領域側に潰瘍ができます。この境目は、年を重ねるごとに上へ上がっていきます。これによって若い人が十二指腸潰瘍を発症するのに比べ、中年の方ほど胃潰瘍になることが多くなるということです。

潰瘍性の病気は、ストレスと関係が深いとされます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍にかからないようにするには、ストレスにいかに対処するかということが大切になってきます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃がんと胃潰瘍の関係
次の記事:胃痛の原因
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。