胃痛の原因

胃痛はさまざまな胃のトラブルから起こる症状です。胃痛は、胃酸過多や胃粘液の分泌などが下がることからおこります。それは胃粘膜が炎症を起こしたり、胃の筋肉が痙攣を起こしたりして発症します。

普通いわれているのが、前者は胃炎と呼ばれ、後者は胃痙攣といわれています。胃炎による痛みは、なんとなく「シクシク」したり「キリキリ」としたものが多くあり、胃痙攣によるものは、おなかを差し込むような強い痛みが併発しておこります。

胃痛がおこる原因で多くを多い病気が胃炎ですが、胃炎は、症状が進行するにつれて胃潰瘍に進展したりするので注意が必要です。胃炎を起こしているときはは、特に空腹時に胃痛を感じるようです。

その原因として考えられるのがまず胃酸の出すぎ多くのケースでは、出すぎた胃酸による、胃粘膜の炎症が原因で、その状態が続くと胃壁まで傷つけて胃潰瘍になる恐れもあります。

胃酸過多になる原因として考えられているのが、不規則な生活や食べすぎなどがありますが、その中でも特に現代人に多いのがストレスです。経済面や人間関係の悩みが発端で、胃が痛むというのは、多くの人が経験をします。

次に考えらられる原因は、胃粘液分泌の低下胃の粘膜は、普段は胃粘液によって覆われることで、強力な胃酸などの刺激から守られています。ところが、ストレスや暴飲暴食、加齢などで胃のはたらきが弱まって粘液の分泌が減ったりすると、胃粘膜が胃酸にやられて炎症が広がります。

そして三番目の原因として、いろいろな刺激胃痛の原因は胃酸などの分泌が過多になり、胃に対する刺激が強くなることで起きてしまうということです。アルコール、タバコ、ストレスなども胃にとっては刺激となり胃痛を起こしてしまいます。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。