腸内細菌と腸内環境

腸内には実に多くの細菌が生息しています。以前は100種100兆個の腸内細菌といわれていましたが、電子顕微鏡などの検査機器の発達で実は1500兆個とも言われるようになってきました。

腸内細菌には、善玉、悪玉といわれるわけ方をされていますが、そもそも細菌であることは間違いなく、この細菌群がよくも悪くも人の身体の健康状態に大きな影響を与えています。

腸内細菌は食べた物をエネルギー源にして分裂・増殖を繰り返し各種物質を生産したり、消費したりしています。これは腸内細菌が人間の生命活動に直接かかわっていると
いうことを意味します。

腸内細菌は赤ちゃんが生まれる時、産道にいる細菌を飲み込み24時間以内に1000億個以上になります。

腸内細菌は第二の脳、あるいは第三の臓器と称され健康の舵取りと言われるほど重要なのものです。

消化官は消化吸収の場であり「人体最大の免疫装置」であり1500兆個といわれる腸内細菌が外来菌の侵入・増殖を阻止し 更に前途の免疫系を刺激し、賦活しているのです。

免疫力向上、腸内の環境を安定させ、更に薬と併用すると効果を高め副作用を低減させる役割があります。

腸内細菌がないと、漢方薬も単なる排泄物となってしまいます

最近では、腸を冷やすと、この腸内細菌が、遠慮会釈なく、腸から吸収されて、細胞レベルでの細胞内呼吸を阻害し、自己免疫疾患などの免疫病の原因とされていることがわかってきました。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:萎縮性胃炎と慢性胃炎
次の記事:胃がんの症状
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。