胃潰瘍の症状について

胃潰瘍になってまず自覚できる症状は腹痛です。胃潰瘍でおこる腹痛は、みぞおちあたりに感じます。

胃潰瘍になると食事のあとにキリキリと痛み出し、食べ過ぎの後は、長いこと痛みが続きます。腹が減ったときには、腹が痛み、何か食べ物をとると痛みがなくなるときは、十二指腸潰瘍が考えられます。

また、老人の胃潰瘍の場合は、一般には難治性とされ潰瘍の様子は大きくて浅いものがおおいようです。胃潰瘍などは精神的なストレスと密接な関係があることはわかっていますが、老人の場合は、それが若い人のようにはあてはまらないようです。

吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少 胃潰瘍になり胃液が多く出すぎで胃粘膜とのバランスが崩れると、胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐、吐き気、食欲不振により体重が減少するなどの症状が出ることがあります。また、胸やけは胃液が食道に逆流して起こる症状で、胃液が多いと上記のような症状がでてきます。

血を吐く 胃潰瘍では、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。出血時には、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛を伴うこともあります。出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れてしまうのが原因です。

下血 胃潰瘍で便に血がまざると、黒い便が出ます。出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因です。下血は、胃癌や大腸ガンの症状でもありますし、大量に下血する場合、病院で検査をする必要があります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。