胃潰瘍になったら食事に注意

胃潰瘍になる主な原因は、ストレスといわれています。胃はとてもデリケートな臓器で、精神状態と密接な関係のある臓器です。胃潰瘍は、胃液のなかにある塩酸やペプシンなどから胃を保護している粘膜が強酸によって障害を受ける病気です。

潰瘍は、皮膚や粘膜がただれたりとすることです。胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、消化性の潰瘍といわれています。男性に特に顕著にみられる病気でしたが、ここ数年では性別に年齢にも関係なく全体的にかかる層が増えているようです。

胃潰瘍は、上記に述べたように、精神と密接な関係のある病気で、神経質、几帳面、ストレスをため込んでしまう、よく気がきく、悩みや責任を一人で抱え込むなどの性格の人がかかりやすくなります。

そして、胃潰瘍になったら薬による治療も必要になりますが、毎日の食事にも十分に注意をすることも大切です。

食べ過ぎを避け、栄養のバランスを良くする
 
消化の悪い食品を避けるようにする
 
刺激の強い食品を控えるようにする
 
熱過ぎるものや冷た過ぎるものを避けるようにする  

塩味や酸味の強いものを控えるようにする
 
食事は楽しく、規則正しく、よく噛んでゆっくり食べるにする
 
胃潰瘍にかかっても、最近では、手術をすることなく薬で治療をするようになりました。胃潰瘍の薬を飲み続けて、治ったと自己判断で服薬を止めてしまうと再発の原因となりますので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。食事のポイントを胃の負担になる香辛料や高脂肪食、アルコールなどは避けるようにし、喫煙は避けるようにします。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。