胃痙攣の症状

胃痙攣は、急にみぞおちあたりに差し込んでくるような上腹部の痛みを発症する病気を総称しています。胃痙攣は、胃壁が異常に緊張して痛む症状の事を指します。

胃痙攣は特に病名でなく、実際には胃そのものは痛んでおらず、胃の付近が傷むためにこうした表現をするようです。

胃痙攣をおこした症状でも、胃の病気ばかりでなく、特に多いとされているのが胆石症です。そのほかには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性膵炎、急性胃炎、急性の虫垂炎でもおなじような痛みの症状がおこります。

胃痙攣は、腹部に疾患があるケースや精神的なものがほとんどで、発症すると腹部の痛みがおこり、人によって数分〜数時間痛みが継続することがあります。

胃痙攣を発症したときの治療には鎮痛剤がつかわれますが、健康な状態では胃付近から痛みが出るという事はありませんので、原因がわからずに胃に痙攣があると感じている場合は、医師の診断を仰ぐようにしましょう。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:食道憩室の症状
次の記事:慢性腹膜炎の症状
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。