慢性腹膜炎の症状

慢性腹膜炎には、結核菌の感染からおこる結核性の腹膜炎と手術をした後に腸に癒着がおこることから発症する癒着性の腹膜炎があります。

慢性腹膜炎の症状としては、結核性腹膜炎の場合、おなかの痛み、微熱や寝汗などの症状がでてきますが特に症状がひどいものではありません。

他の症状としては、腹がはるとか、便通が不規則になることもあります。肺結核とか腸結核があると、こうした病気の症状がつよくでてくることがあります。

癒着性の腹膜炎は、癒着をおこしていることで、腹痛や吐き気、便通の異常、腹のはりなどがおこり、腹部がかたくなることもありますが、癒着の程度によってかわってきます。

検査で結核菌が見つかることがあったり、家族に結核を経験した方がいる場合には結核性腹膜炎であることが確認できますが、必ずしも初期検査で結核菌が見つかる事ではないことからがん性腹膜炎や急性虫垂炎とまちがわれることがあるようです。。

慢性腹膜炎の治療では、抗結核剤を中心として治療となり、安静状態にしていることと、バランスのとれた食事をとることが大切になります。

癒着をおこしている場合も、内科的な治療が中心となって、消化のいい食事をとるようにして、便通をととのえることが肝心になってきます。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃痙攣の症状
次の記事:食道アカラシア
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。