腹膜炎の症状

腹膜炎は、腹腔と腹部の臓器をおおっている腹膜になんらかの原因で細菌が感染して炎症をおこしてしまう病気です。

腹膜炎は、突発的に発症し、急速に症状が悪化をしていく急性腹膜炎と、慢性的に症状がすすんでいく慢性腹膜炎があります。

発症する初めのころは、炎症は一部にとどまり、部分的な腹痛を覚える程度になりますが、炎症が徐々に広がってくると、腹部全体の痛み、発熱、嘔吐などがみられ、全身状態が悪化していきます。

腹膜炎では、適切な処置が施されていないと、ショック状態に陥ることなり、命の危険性をともないます。

腹膜炎を起こしたときにとられる治療は、開腹をして、お腹にたまっている膿を取り除く手術がおこなわれます。

それと同時に、炎症の原因となっている細菌を死滅させるために抗菌薬を服用するようにし、点滴による栄養補給などを施します。

慢性腹膜炎では、原因疾患の治療と並行して、抗菌薬を服用しますが、腸管の通過障害などの症状を改善されないときは、手術が行われるようになります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。