肛門ポリープの症状

肛門ポリープは、直腸と肛門の境目付近の上皮が炎症をおこして、突起した状態をいいます。

肛門管の上方、肛門上皮と直腸粘膜との境目に全周性の波打った場所があって、そこにある肛門乳頭が、排便をする時に刺激にあって炎症性・線維性に大きくなったり、硬くなったりしたものです

ポリープが小さいときは、特別な症状は現れません。大きくなると、排便時に出血したり、肛門から直腸が脱出することもあります。

ポリープの周囲が裂けて裂肛を起こすと痛みます。肛門ポリープは、がん化する心配はありません。

裂肛にともなうことが大ですが、内痔核に併存することもあります。小さいうちは無症状ですが、大きくなると振り子のように伸びてきて脱出し、裂けた時は痛みと出血があります。

肛門ポリープの原因 下痢や便秘などを繰り返したり、もともと裂肛、痔核、痔婁などがあり、肛門内が刺激されたり、炎症が起きたりすると、ポリープができやすくなります。

肛門ポリープの治療法 通常はそのままにしておきますが、症状がある場合は手術で切除します。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:腹膜炎の症状
次の記事:直腸炎の症状
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。