食道狭窄の症状

食道狭窄は、食道の内腔が狭くなり飲食物の通りが悪くなる症状です。食道のトラブルから物理的な狭窄を生まれ、食物の通過障害をおこした状態です。食道狭窄をおこすと嚥下障害に、嘔吐を伴うこともあります。

食道狭窄の原因として、食道潰瘍や食道損傷などの治癒過程で起きることが多く、病変の痕がひきつれやもりあがりとなって狭窄が発症します。

食道がんの内視鏡治療をした後や食道静脈瘤の治療後にもみられます。その他、強酸、強アルカリなどの腐食性薬剤の誤飲が、高度の狭窄をきたすこともあります。

食道狭窄をおこす原因で最も多いのは悪性腫瘍の食道がんです。その多くはは扁平上皮がんになりますが、バレット腺がんも増加傾向です。食道がんでは早期がんや表在がんでは症状が特にないですが進行がんになると食道狭窄をおこし、嚥下障害をおこします。

食道狭窄は治療を行わないと回復しません。良性狭窄は食道拡張法によって治療します。最初は入院し、輸液などで脱水を改善させ、狭窄部分を拡張するための治療、投薬を適切に行います。

治療法として、狭窄をおこしているところにバルーンをいれて、器具で広げる拡張術のほかに、内視鏡下で狭窄部を切開する方法、狭窄部に金属のステントをはめこんで拡張させる方法などがあります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:直腸炎の症状
次の記事:食道がんの予防
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。