大腸がんの予防法


大腸がんは、他のがんと同じように、治療にかかる前にシッカリと予防をすることが大切です。特に食生活を改善することで、高い確率で予防することができます。


大腸がんは、治療の進歩もあって、治癒率は、以前と比較してよくなってきました。


ただ、大腸がんになって治療をするよりも、ならないように予防をすることが大切です。以下に大腸がんを予防をしていくポイントをあげておきます。


低脂肪、高線維食にする

動物性脂肪をとりすぎず、食物繊維が不足しないようにします。発がん物質の発生をおさえたり、解毒する作用のあるビタミン類を多く含む野菜や果物を沢山食べるようにします。


魚に含まれるDHAを摂取 

最近の研究によると、青背魚に多く含まれるDHAやEPAを多く摂取すると、大腸がんにかかる危険度を低下させるといわれています。


大腸腺腫に注意

大腸がんの前がん状態ともいわれるのが、大腸ポリープの8割をしめる大腸腺腫です。線種から大腸がんが発生することもあるので、線種をとりのぞきます。


がん検診をうける

大腸がんによる出血は、便潜血検査で知ることができます。症状がなくても、40歳を過ぎたら定期的に検査をするようにしましょう。また内視鏡検査も早期発見に非常に有効です。2年に一回は受けるようにしましょう。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。