胃潰瘍の人は胃がんになりやすい

胃がんは、がんのなかでも最も日本人に多いがんです。ただ、ここ数年は肺がんや大腸がんが増加する一方、胃がんの患者数は減少傾向にあります。

そうはいっても油断は禁物です。集団検診の普及や内視鏡などの検査、治療の技術が進歩したおかで早期発見、早期治療ができるようになっています。

胃がんによる死亡患者数はあまり変化がありません。そういう意味からすると怖い病気であることに変化はありません。

胃がんの原因とされるのが、他のがんと同じくまだはっきりとは原因は解明をされていません

しかし、ここ数年の研究でピロリ菌が深く関係していることが明らかになっています。

ピロリ菌に感染していると、慢性の萎縮性胃炎になることがあります。

胃炎によってつねに胃粘膜に炎症が起こっているため、胃がんになりやすいと考えられています。

ピロリ菌というと、胃潰瘍をひきおこす原因とされていますが、そのため胃潰瘍の人は胃がんになりやすいと思われているようです。

しかし、胃潰瘍から胃がんになることはありません。また、胃のポリープも胃がんとは関係ないものも多いということです。

胃潰瘍が胃がんになるかを心配するよりも、注意しないといけないのはピロリ菌の存在です。

現在、ピロリ菌に感染している人に除菌治療を行って胃がんの予防が可能かどうか研究がおこなわれていますが、結果はまだでていません。

ただし、早期胃がんにかかった人では、除菌治療をすると、胃がんの再発が抑えられるという報告もあります。

こうしたことで、ピロリ菌を除菌することが、胃がんの予防に有効なのではないかということが考えられています。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。