胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 胃腸の病気

胃痛の原因

胃痛はさまざまな胃のトラブルから起こる症状です。胃痛は、胃酸過多や胃粘液の分泌などが下がることからおこります。それは胃粘膜が炎症を起こしたり、胃の筋肉が痙攣を起こしたりして発症します。普通いわれているのが、前者は胃炎と呼ばれ、後者は胃痙攣といわれています。胃炎による痛みは、なんとなく「シクシク」し…...

 

胃下垂について

胃下垂について胃下垂というのは胃が通常の位置に比べて垂れ下がった状態をいいますが、症状が伴わない限り病気ではありません。一方、胃アトニーとは胃の筋肉の緊張が弱くなり、胃の運動が低下した状態をいいます。胃下垂は男性よりも女性とくに細身の人や女性に多いといわれています。胃下垂は体幹の細長い人、女性、急…...

 

胃の感染症

胃の感染症についてピロリ菌の感染は、胃炎の原因として世界で最も多くみられます。胃潰瘍の原因としても特に多いものの1つになります。胃の内面には、強酸性の胃液から胃自身を保護する保護粘膜があります。ピロリ菌は、この保護粘膜の中で繁殖します。H.ピロリ感染のある人のほとんどに胃炎がみられます。胃炎は胃全体…...

 

腹膜炎とは

腹膜炎とは腹膜炎は、普通、感染症を伴う腹腔と腹膜の炎症になります。腹膜炎は、腹腔内の感染した臓器から細菌を含んだ内容物が広がって起こります。胃、腸、胆嚢、虫垂が穿孔して起こること多々あり、別の箇所からの感染が血流を通して腹膜へ拡大することもあります。腹膜は感染には強いので、腹腔内細菌汚染がないと、…...

 

腹部大動脈瘤について

腹部大動脈瘤について腹部大動脈瘤とは、腹部の大動脈の一部が直径3cm以上になった状態です。特に5cm以上になってしまうと、血管が破裂する可能性が高まるため、非常に危険です。破裂した場合には緊急手術となりますが、死亡率はとても高くなっています。 破裂する前には基本的に無症状であるため、検査で発見されます…...

 

機能性胃腸障害について

機能性胃腸障害について人の身体の消化管は口からいれた食物を消化し、身体に必要な栄養を吸収して、不要なモノを排泄するといった働きをしています。消化管を構成している臓器には、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門などがあります。それぞれに役割がありますが、蠕動・消化液の分泌・必要なモノの吸収・細菌などの…...

 

虚血性大腸炎について

虚血性大腸炎について虚血性大腸炎は、大腸への血液の循環が悪化して、必要な酸素や栄養分が届かなくなり、大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる病気です。虚血性大腸炎の症状としては、突然の腹痛、下血がみられます。血管に動脈硬化があるところに便秘などが原因となって発症するといわれており、高齢者に多いですが…...

 

腸閉塞の症状

腸閉塞の症状食べ物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。唾液や胃液をはじめとする消化液が、胃腸のなかに分泌されますが、これも小腸や大腸で吸収されて残りは便とともに排泄されます。 腸閉塞は、食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞った状態で、内容物が腸に詰まった状態に…...

 

胃食道逆流症とは

胃食道逆流症とは胃食道逆流症とは、胃の内容物である酸やペプシンを含んだ胃酸とか、また胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって起こる食道の炎症性疾患です。胸やけなどの症状が現れます。胃食道逆流症がおこる原因としては、食道と胃の境には下部食道括約帯があって胃内容の逆流を防い…...

 

胃アニサキス症とは

胃アニサキス症胃アニサキス症とは、アニサキス類の幼虫が寄生した魚類を食べることによってあらわれてくる病気です。 こうした寄生虫は、海のイルカなどの哺乳動物とかアザラシなどの鰭脚類を最後の宿主として、これらの動物の胃に寄生しています。そして、海水中に虫卵が排出され、海水中で第2期幼虫にまで発育し、第…...

 

胃腸の病気を悪くさせない方法

胃腸の病気を悪くさせない方法猛暑が続いていますが、暑くなると、調子が悪くなるのが、胃腸の状態です。ストレスも影響を与え、肉体的な疲労が重なってくると胃腸の調子が悪くなってきます。冷たいものの摂取を控える必要もありますし、脂っこいもののさける必要があります。疲れたと思ったら無理をせずに休養をとること…...

 

胃・十二指腸憩室

胃・十二指腸憩室とは胃・十二指腸憩室は、胃壁や十二指腸壁の一部が袋状に拡張して突出したものです。単発であることが多く、大きさは胃憩室は1〜7cm、十二指腸憩室は1〜3cmです。胃憩室は、その他の消化管憩室に比べて頻度が低いのですが、十二指腸憩室は胃憩室よりも頻度が高く、加齢とともに増え、増大する傾向が…...

 

急性胃腸炎について

急性胃腸炎について突然の嘔吐や下痢を伴う病気で、一過性のものをいいます。主に、嘔吐は胃炎、下痢は腸炎の症状です。急性胃腸炎は、主に、微生物やその毒素などで生じ、感染症型と毒素型に分けられます。微生物には、ウイルス、細菌、原虫などがあります。まれに、2つ以上の微生物によって起こることもあります。その…...

 

胃腸虚弱と漢方

胃腸の虚弱と漢方胃腸虚弱は病気ではありませんが、胃腸の働きが弱いために、食べ過ぎや飲み過ぎ、 冷たい物を飲んだりするとすぐに消化不良や下痢をおこします。病院で検査をしても大きな異常はない人も多く、軽い胃炎や胃下垂、神経症と言われることが多いようです。こうしたケースでは漢方薬が非常に有効となります。…...

 

胃神経症

胃神経症とは内臓の中で、心臓と胃は、最も気分に影響されやすい臓器といわれています。悲しいと食欲がなくなり、怒ると味がまずくなります。ですから家庭内のごたごた、さまざまな不安や恐怖、不満、自信喪失、対人関係のいざこざなどの原因があれば、胃に不快な症状があらわれてきます。それが感情の影響のように一時的…...

 

胃腸の病気と吐き気

胃腸の病気と吐き気吐き気は、胸がムカムカして胃の内容物を吐きたくなる不快な症状です。こうした症状がひどくなり、胃の内容物が逆流して吐き出してしまうのが嘔吐となります。日常的によくある吐き気は、食べすぎであるか又はお酒の飲みすぎが原因で、吐いてしまうか、時間がたてば自然に治っていきます。精神的な影響…...

 

慢性腸炎とは

慢性腸炎とは腸の粘膜がいつでも炎症を起こしているようになると、慢性腸炎となります。慢性腸炎になると、食べたものが消化されないまま腸を通過してしまい、 腸内での発酵や腐敗が起こります。便秘になることもあり、下腹部に軽い 腹痛が起こり、おならがよく出ることもあります。慢性腸炎は、過敏性大腸症候群と同じよ…...

 

急性腸炎について

急性腸炎について急性腸炎、細かくは、病名ではなく、腸に炎症を引きおこす疾患群の総称になります。食中毒のような細菌によるものにせよ、アルコールの飲みすぎのような物理化学的な刺激によるものにせよ、 腸に炎症をおこし、そうした結果、下痢や腹痛を生じさせる病気をまとめて急性腸炎と呼んでいます。急性腸炎は、…...

 

胃腸の病気にツボ刺激

胃腸の病気にツボ刺激過労で胃腸が痛いときにはスネのツボを刺激すると効果があります。胃腸の痛みは、過労やストレスから来るものが多いです。食べすぎや飲みすぎなら時間を置いておけば自然と改善されていきます。足の三里という胃腸のツボは、すねの外側の膝の下の出っぱった骨のくぼんだところから、およそ6センチほ…...

 

胃もたれの対処法

胃もたれの対処法胃に負担の少ない食べ物をとるように心がける胃の負担になるものとしては、消化の悪い繊維質のもの、脂分の多いものがあげられます。このような食べ物を摂る時は、急いで食べず、ゆっくりとよく噛んで食べるようにします。胃が弱っているときは、消化の良いおかゆや白身魚、鶏のささ身などが良いです。ま…...

 

胃腸の病気記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。