胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 胃腸の病気と薬

胃腸薬の種類とその働き

胃腸薬の種類とその働き消化薬は 胃腸管での消化吸収過程をすすめていくための薬です。ですから消化管の食物消化に機能する消化酵素のうちのどれかが欠けた場合に用いることもあります。普通、消化液の分泌不足による消化不良や過食の後に用いられることが多いです。消化酵素薬には、胃液の強い酸の中でもたん白質消化作…...

 

H2ブロッカーについて

H2ブロッカーとはH2ブロッカーのHはヒスタミンのことです。ヒスタミンとは胃酸の分泌を促進する物質で、これが胃壁の中にあるH2受容体という場所にくっついて胃酸の分泌を促します。H2ブロッカーは、ヒスタミンのかわりにこのH2受容体にはまりこんで胃酸の分泌を抑えるもので、日本語では「H2受容体拮抗剤」といいます。…...

 

胃薬の使用法

胃薬の使用法日本人では、胃の悪い方が多いそうで、胃薬を利用する方も結構おられます。薬局に行くと様々な胃の薬があり、どれを選ぶのが自分の症状には良いのかわからない時もあるかと思います。症状別にどんな胃薬を選べばいいのか?食べ過ぎて気持ちが悪いような時ですが、この場合は消化不良が原因ですので消化薬を服…...

 

胃腸薬の種類

胃腸薬の種類健胃薬 食欲不振の時に用いて胃の蠕動と胃液分泌を促進させる薬物で、健胃生薬がこれに属します。芳香性、苦味性、辛味性の生薬があります。いずれも口腔および胃粘膜を刺激して反射的に唾液の分泌や胃の機能を高めます。消化薬 消化薬とは、胃腸管における消化吸収過程を促進するための薬物です。従って、消…...

 

胃腸薬の効果

胃腸薬の効果日本で市販をされている胃腸薬は、約、560種類だそうで、薬の中で一番多いのが胃腸薬です。そしてそのほとんどが総合胃腸薬といわれるものです。総合胃腸薬にふくまれる成分は次のよっつに大別することができます。胃液の酸を中和する制酸剤胃の働きを高める健胃剤消化を助ける酵素胃の粘膜の修復、保護剤…...

 

胃薬は身体によくない!

胃薬を飲めば飲むほど胃は悪くなる。ドクター新谷の本に書いていました。抜粋すると人間の身体には強い酸で保護されることによって正常に機能する場所が二箇所あります。一つは胃、もう一つは女性の膣です。この二箇所はどちらもペーハー1.5〜3という強酸を示しますが、なぜこれほど強い酸がでているのかというと、一つは…...

 

胃腸薬の種類と特徴

胃腸薬は、症状と自分に合ったものを市販をされている総合胃腸薬と呼ばれる薬には、主に五つの成分が含まれています。生薬などの成分によって胃の働きを活発にする健胃剤、消化吸収を助ける消化酵素剤、胃の酸度を中和をする制酸剤、荒れた胃・十二指腸の修復をしたり、保護したりする粘膜保護、修復促進剤、そして痛みを…...

 

胃潰瘍と薬/胃腸の病気

胃潰瘍は放置しなければ薬で治ります。胃潰瘍は基本的には薬と食事療法ちう内科的治療で解決できます。胃潰瘍の薬は胃酸の分泌を抑えるためのもので、胃潰瘍の薬の種類は、プロトンポンプ阻害剤、ヒスタミンH2ブロッカーなどがありますが、大切なのは処方されたとおりにすることが大切です。胃潰瘍の食事については、よく…...

 

胃粘膜修復薬【胃腸の病気】

胃粘膜修復薬は、十二指腸や胃の消化性潰瘍は、粘膜に対する塩酸、ペプシンを中心とする攻撃因子と、粘液、粘膜およびそれを支える血流などの防御因子との平衡が破れたときに生じると考えられていますが、この攻撃因子に拮抗するための薬物療法として、制酸薬、抗コリン作動薬が用いられてきました。胃内容物の水素イオン…...

 

消化薬【胃腸の病気】

消化薬とは、胃腸管における消化吸収過程を促進するための薬物です。ですから消化管の食物消化に働く消化酵素のうちのどれかが欠けた場合に用いることもあります。一般に消化液の分泌不足による消化不良や過食の後に用いられることが多いです。消化酵素薬には、胃液の強い酸の中でもたん白質消化作用を示す耐酸性のヒロタ…...

 

胃腸の病気と薬記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。