胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 大腸がん

大腸がんの予防法

大腸がんは、他のがんと同じように、治療にかかる前にシッカリと予防をすることが大切です。特に食生活を改善することで、高い確率で予防することができます。大腸がんは、治療の進歩もあって、治癒率は、以前と比較してよくなってきました。ただ、大腸がんになって治療をするよりも、ならないように予防をすることが大切…...

 

直腸がんの発生と進行

直腸がんの発生頻度 直腸がんは、直腸にできた大腸がんのことになります。同様に大腸がんがS状結腸にできれば、S状結腸がんと呼びます。S状結腸がんと直腸がんの発生頻度を合わせると、大腸がんの60〜65パーセントを占め、直腸がんだけでも40〜45パーセントと発生率が高いので、この部位にできる大腸がんは、特に注意が…...

 

大腸がんの予防と原因

大腸がんは、今日本で急増しているがんです。予防は低脂肪、高線維の食事を基本とします。罹患者は、男性で胃がんについで第二位、女性ではトップになります。大腸がんは、結腸がんと直腸がんに大きくわけられます。最近は、S状結腸に発生するケースが多くなっています。直腸がんは、全大腸の10パーセントにあたる15…...

 

大腸癌と門脈血浄化論

大腸癌と門脈血浄化論欧米においては、大腸癌は2番目に多い癌です。大腸癌は。癌による死亡原因で第2位を占めています。大腸癌にかかるのは、40歳以降から多くなり、60〜75歳が最も多い年代です。アメリカでは年間約10万人に50人の割合でかかります。大腸癌の中で、結腸癌は女性に多くあらわれ、直腸癌は男性に多く…...

 

大腸癌を予防するには

大腸癌を予防するには!大腸癌は、結腸がんと直腸がんのことを言いますが、どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。大腸癌が発生し始めの頃は、ほとんどが小さいポリープ状の形をしていますが、だんだん進行していくと粘膜にとどまっていた“がん”が内壁から漿膜へ、そして周囲の臓器へと浸潤し、広がって行きます…...

 

大腸癌を防ぐには!

大腸癌を防ぐには!大腸癌など、大腸の病気を防ぐには食生活の改善が最も重要になってきます。というのはもともと日本人が大腸癌になる割合は低かったのですが、戦後、食生活の欧米化が浸透するにしたがって、大腸癌を発生する発症率が非常に高くなっています。食生活の欧米化がもたらす弊害としては、繊維質の食事が減っ…...

 

大腸癌の症状

大腸癌の症状大腸癌の症状でなんといっても多いのが便に血が混じることです。排便後に自分の便を良く見る習慣をつけることが大事です。便に赤っぽい血のようなものが混じっていたり、粘液のようなものが混じっていたりしたら注意が必要です。痔ろうとか、肛門が切れたのだろうと、安易に自己判断は危険です。こうした場合…...

 

大腸がんの予防

大腸がんの予防大腸がんは、肺がん、乳がんとともに増加が著しいがんです。その大きな原因に食生活の欧米化が考えられています。日本人の伝統的な食事といえば、米を中心に魚と野菜のおかずといったいわゆる和食でした。西欧文化のなどの輸入によって高脂肪、低繊維の食事が、大腸がんの発生を増加させます。動物性の脂肪…...

 

大腸がんと直腸がん

大腸がんと直腸がん大腸がんや直腸がんは、50歳以上がほとんどで、直腸からS状結腸にできるがんが50パーセントと最も多く、次いで、上行結腸が25パーセント、横行結腸から下行結腸が25パーセントといわれています。大腸がん、直腸がんは初期のうちは、症状がありませんが、便潜血が陽性にでることがあります。がんやポリ…...

 

便潜血検査について

便潜血検査について消化管の出血による、目に見えない便の中の血液、つまり、便潜血を証明するために、以前は食物中の肉や魚に含まれる血液の影響をのぞくためにも何日も食事制限をする必要がありました。しかし、現在の、便潜血検査は免疫学的な方法を用いるため、このような食事制限の必要がなくなって簡単に実施できる…...

 

大腸がんと直腸がん

大腸がんと直腸がん大腸がんや直腸がんは、50歳以上がほとんどで、直腸からS状結腸にできるがんが50パーセントと最も多く、次いで、上行結腸が25パーセント、横行結腸から下行結腸が25パーセントといわれています。大腸がん、直腸がんは初期のうちは、症状がありませんが、便潜血が陽性にでることがあります。がんやポリ…...

 

大腸がんの予防

大腸がんの予防は、日ごろの清潔から大腸がんを予防するには、食生活に注意して、便秘にならないように注意するとともに、日ごろから身体の清潔を心がけることが大切です。大腸がんの予防で清潔を強調されることはありませんが、国立がんセンターが出しているがん予防対策にも身体の清潔を保つという項目がもうけられてい…...

 

大腸がんになる原因

大腸がんになる原因がん対策計画 財政的な裏付けが重要だ山陽新聞乳がん、大腸がん検診などの受診率を五年以内に50%以上に高め、早期発見による死亡率低下を図る。診療ガイドラインや共通の治療計画作成なども決められた。 計画策定にがん患者や家族らが参加することで、患者本...(続きを読む)最高齢の医学博士が誕生 …...

 

大腸がんの成り立ち

大腸がんの成り立ち大腸がんのもっとも起こりやすい部位は、肛門につながる長さ14センチ〜15センチの直腸で、次いでS状結腸、上行結腸、盲腸の順です。このうち、直腸がんとS状結腸がんだけで大腸がん全体の6割から7割を占めます。大腸の組織は、内側から、粘膜、粘膜下層、固有筋層で構成されています。早期がんは…...

 

大腸がんの予防

大腸がんの予防家族に大腸がんの人がいるかをチェックする大腸にできるポリープの多くは良性で、がん化せずにポリープのままとどまるといわれています。そのなかには放置をしておくとがんになる、家族性大腸ポリポーシスと呼ばれるタイプもあります。この病変が両親のどちらかにあると、その子供にも一定の割合でポリープ…...

 

大腸がんと運動

大腸がんと運動日常的に運動をしている男性は,運動をあまりしない男性に比べて大腸がんになる危険度が低い(厚生労働省調査)肉体労働や激しいスポーツを日常的にしている人は,ほとんど運動しない人に比べて発症の危険度が約30%も低下していました。大腸がんのうち、結腸がんで特にこうした傾向が強く,1日3時間以上…...

 

ポリープと大腸がん

ポリープと大腸がん腸にポリープができたら、大腸がんの危険信号です。ポリープとは、臓器の内腔に突出するすべての隆起のことをいいます。大腸の場合、粘膜組織の良性腫瘍を意味することが多いです。早期の大腸がんの場合、良性腫瘍と同じようにポリープの形をしています。これを見分けるのは非常に難しいとされています…...

 

大腸がんと欧米食

大腸がんと欧米食胃がんが減少している一方で、ここ数十年で急激に増加しているのが大腸がんです。1996年の大腸がんによる死亡者数は約3万2600人です。1950年の4000人と比べると、8倍以上になります。そしてこの勢いはとどまることなく、近い将来では、がんによる死亡者数は、男性では肺がんに次ぐ第二位、女性では第一…...

 

大腸がんの危険因子

大腸がんの危険因子日本人に急増しているのが大腸がんです。そしてその大きな原因として考えられているのが食生活の欧米化です。大腸がんが遺伝するかどうかの確証はありませんが、家系に大腸がんの患者がいる場合は、ハイリスクグループに入ります。以前大腸にポリープがあるといわれた人も、大腸がんの検査を定期的に受…...

 

大腸がんの兆候

大腸がんの兆候日本で急増している大腸がん、その大きな原因とされているのが食生活の欧米化。大腸がんの兆候 血便便ががんに接触することで、こすれて出血すると血便になります。がんのできるところによって、血の混じり方はまちまちですが、血便があったらすぐに消化器の専門医か肛門科を受診するようにします。大腸が…...

 

大腸がん記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。