胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > ピロリ菌

胃腸炎とは

胃腸炎は、普通は微生物などによって感染症や毒性の化学物質の摂取によって起こる胃腸疾患になります。 胃腸炎になると症状として下痢になりますが、下痢の程度は軽いものから重いものまでさまざまです。食欲不振、吐き気、嘔吐、けいれん痛、腹部不快感などの症状も伴います。普通、健康な成人では症状が軽く、不快感と…...

 

ピロリ菌検査と胃がん

ピロリ菌検査と胃がん胃がんは、減ったとはいえ、今でも日本人の多いがんです。その胃がんの予防にはピロリ菌検査を受け、菌がいれば除菌することが非常に有効な手段となります。ピロリ菌がいない人の胃がんは非常に少ない一方で、いる人はかなりの率で胃がんになりやすいということです。つい最近まで、胃の中は塩酸なの…...

 

ピロリ菌と感染

胃のトラブルの背景にピロリ菌の感染胃炎や胃潰瘍の原因として、ここ数年最も注目されているのがピロリ菌です。ピロリ菌は、1983年にオーストラリアのバリーマーシャルという内科医が胃粘膜の中から発見した細菌で、螺旋形の鞭毛をもつ細菌が胃の幽門付近に棲みつくところからなづけられました。長い間強酸性の胃の中では…...

 

ピロリ菌と消化性潰瘍

ピロリ菌と消化性潰瘍長い間、人間の胃の中には細菌などはすめないとかんがえられていました。酸性の強い胃液が分泌されているかです。ところが、10数年前に、人間の胃の中でも繁殖できる細菌が発見をされ、ピロリ菌となづけられました。ピロリ菌は胃の中で、アンモニアをつくりだし、胃の粘膜を保護する粘膜を溶かし、…...

 

ピロリ菌と胃潰瘍

ピロリ菌と胃潰瘍ピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍の主な原因とされ、胃がんとの関係も疑われている細菌です。日本人は、結構感染している人が多く、感染率は、40〜50歳以上になると60〜80パーセントともいわれ、欧米に比べると胃がんの死亡率同様に数倍高いといわれています。日本人の胃がんの患者9割が感染しているという…...

 

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌には、2種類の抗菌薬に、プロトンポンプ阻害薬を加えた、合計3種類の薬を併用する除菌治療が行われます。ピロリ菌の除菌薬∴ クラリスオロマイシン∴ アモキシシリン∴ プロトンポンプ阻害薬二つの抗菌薬と、2種類のプロトンポンプ阻害薬のうち一種の合計三つの薬を一週間服用します。これらの薬を朝…...

 

ピロリ菌とは?

ピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍の主な原因とされ、胃がんとの関係も疑われている細菌です。日本人は、結構感染している人が多く、感染率は、40〜50歳以上になると60〜80パーセントともいわれ、欧米に比べると胃がんの死亡率同様に数倍高いといわれています。日本人の胃がんの患者9割が感染しているというデータもあります…...

 

ピロリ菌記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。