胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 便秘

便秘は食べ物で改善を

便秘は食べ物で改善を便秘自体は食べ物でなおすことがのできる代表的な症状です。便秘は大腸の中に便が停滞し、出にくくなったものをいいます。その原因によって、機能性の便秘と器質性の便秘に大別をされます。機能性便秘は、便をだす大腸の機能がよわってしまい、便秘になったものの総称で、程度のかるものから、一過性…...

 

納豆菌は便秘や下痢に有効

納豆菌は便秘や下痢に有効納豆菌には便秘や下痢の原因になる、腸の腐敗菌の働きを抑制する効果があります。その理由の一つは、納豆菌のしぶとさにあります。納豆菌は芽胞菌という種類の単細胞生物ですが、飲めば腸の中で腸内細菌善玉菌として働き、ビフィズス菌のような善玉菌の増殖を助ける働きがあります。ビフィズス菌…...

 

便秘・腹痛のある便秘は注意

便秘・腹痛のある便秘は注意腹痛を伴う病気に過敏性腸症候群という病気があります。過敏性腸症候群は、便秘と下痢を交互に繰り返し、腹痛などの症状を伴います。身体のの中でも胃腸は古くから心理的な影響を受けやすいことが知られています。非常にデリケートな臓器で心の状態と密接にかかわりをもっています。最近は、こ…...

 

便秘薬の正しい使い方

便秘薬の正しい使い方便秘薬を使用するときは、必ず便秘の原因をはっきりとさせてから使うのが基本です。その原因をはっきりとさせるには医師の診察をうけることが必要です。その際に、自分の便秘にはどんな薬を使えばよいのか、医師の指導を受けておけば、市販薬が必要になった際にも、あれこれ試す手間も省けるというも…...

 

便秘と他の病気

便秘と他の病気便秘のかげに重大な病気が潜んでいることがあります。慢性便秘のうちけいれん性便秘は必ず医師の診察を受けることが必要です。けいれん性便秘 大腸のぜんどう運動が強すぎるために起こるもので、過敏性腸症候群の一種に数えられています。結腸性便秘と直腸性便秘は、自分でなおすことができるものですが、…...

 

便秘・大腸がん 大腸ポリープ

便秘・大腸がん 大腸ポリープ便秘を引き起こしてしまう病気に、大腸がん、大腸ポリープがあります。20年ほど前の日本では、大腸がんは珍しい病気だったのですが、近年になって急激に増加し、いまではがんの死亡率の上位をしめています。特に大腸がんの発生しやすいのは、肛門に近いS状結腸で、大腸がん全体の約7割を占め…...

 

便秘と運動

便秘と運動体力、筋力が低下していると便秘になりやすい。交通機関の発達や電化製品の普及は、便利で快適な生活をもたらしましたが、その一方で運動不足からくる病気や心身の不調をもたらす結果となりました。便秘もその一つといえるでしょう。運動が不足すると、排泄するうえで重要な体力や筋力が低下してしまうため、便…...

 

便秘の治療

便秘の治療便秘の治療というと、単に下剤や整腸剤を飲むぐらいだろうと思っている人も多いですが、慢性化した便秘はなかなかそれだけではなおりません。便秘の治療では、薬物療法以外にも食事療法や生活指導などが行われていて、原因や症状などにあわせて決められます。人によって治療法もことなってきます。検査の結果で…...

 

便秘のタイプと食事

便秘のタイプと食事弛緩性便秘の場合は、腸に刺激を与えることが肝腎弛緩性便秘は腸の蠕動運動が弱く、便を押し出す力が不十分なためにおこる便秘なので、便の量を増やし、大腸を刺激してやることがポイントになります。直腸の神経が鈍くなるに起こる直腸性便秘の場合も同様です。食生活においては、食物繊維をたっぷり取…...

 

便秘薬と常習便秘の悪循環

便秘薬と常習便秘の悪循環便秘薬を服用していると、便秘と下痢を繰り返すという悪循環を招くことになります。便秘薬は長期に渡って服用しているとしだいに効きがわるくなってきます。そこで増量すると下痢をします。下痢をすると体内のカリウムが失われるために、筋力や腸の運動が低下して排便が困難になり、便秘を起こし…...

 

便秘・痙攣性便秘

便秘・痙攣性便秘痙攣性便秘は、大腸壁の筋肉が緊張しすぎて、便が同じ場所に停滞するので、水分だけ吸収されてころころの石のようになってしまうタイプです。よくウサギの糞のようにと表現されます。便秘では食物繊維を多くとるように指導されます。食物繊維は小腸で、吸収されないので大腸の内容物が多くなり、腸管を刺…...

 

便秘・弛緩性便秘

便秘・弛緩性便秘弛緩性便秘は、大腸の緊張がゆるんでダラッとたれてしまい、便が直腸までいかず真ん中あたりでたまってしまいます。直腸に便がこないと、いくらお腹の中に便がいっぱいあっても排便したいという気にはなりません。女性で痩せている人には胃下垂になっている人が多いですが、大腸も下垂していることが多く…...

 

便秘は習慣性?

便秘は習慣性?大腸の役割は、内容物の水分を吸収して半固形の便をつくることです。そして、便が大腸に長時間とどまったために、水分量が減って、かたくなって排便しずらい状態が便秘です。たとえ便通が3日に一回であっても、定期的にあり、不快感がなく、普通の便であれば、便秘ではありません。便秘には、いろいろな種…...

 

便秘の原因(不規則な食生活)

便秘の原因(不規則な食生活)便秘を招く最大のきっかけは、不規則な食生活にあります。便秘を訴える人は、便秘になって当たり前という食生活を送っていることが少なくありません。忙しいとか痩せたいとか、つくるのが面倒といって食事をぬいたり、食事時間がまちまちだったりすることが多々あります。中でも一番多いのが…...

 

便秘は憩室の原因に

便秘は憩室の原因に食べ物で、特に牛肉を毎日大量に食べている人は、S状結腸に強度の憩室が見られるそうです。10年も20年かなりの量の肉を食べていると、憩室がS状結腸だけではなく、下行結腸、横行結腸にもみられるそうです。こうした腸では、固く、狭く、部分的にけいれんとか収縮がみられるので、便やガスの流れが著し…...

 

便秘薬は使い方が大事

便秘薬は使い方が大事便秘が続いてしまうとついつい薬に頼りがちになりますが、薬にまったく頼ってしまうのはあまりよいことではありません。薬はあくまでも最後の手段と考えましょう。日本人は特に薬好きで、便秘で1日でも便がでないと気分が悪いと安易に下剤を用いる人がたくさんいますが、これは身体にとっては負担に…...

 

便秘に効果のある体操

便秘に効果のある体操便秘には腹筋を強くする体操が必要です。便秘の人は、まずは衰えた腹筋の力をつける体操からはじめるようにしましょう。腹筋を強化すると、排便時にいきんだとき、十分な圧力が伝わって、便をスムーズに押し出すようになります。腹筋を動かすときは、腸に刺激を与えることになるので、大腸の蠕動運動…...

 

便秘解消には食物繊維

便秘解消には食物繊維をとろう便秘を解消するためには、野菜や海藻などに多く含まれる食物繊維を摂ることが効果的です。食物繊維は消化されずに腸に到達し、便として排泄されますが、その過程で腸内の有害物質を便に取り込んだり、腸を刺激してぜん動運動を活発化させ、便意を促したりする働きがあります。食物繊維には、…...

 

便秘の種類

便秘の種類便秘には生活習慣からくる便秘と病気からくる便秘の2種類があります。大腸はぜんどう運動をして便をいどうさせますが、何らかの原因でこの運動がうまくおこなわれなくなると、便秘が起こってきます。便秘の多くは生活習慣に関連しておこりますが、なかには病気が原因で起こる便秘もあるのでたかが便秘と軽視し…...

 

便秘と痔

便秘と痔排便時などに、出血や痛みなどの苦痛がともなう痔疾患は日本人に多く見られる肛門の病気です。肛門には細かい静脈のかたまりがあります。便秘や排便時の過度のいきみ、長時間のたちっぱなしや座りっぱなしなどによって、その部分がうっ血をおこし隆起したものが内痔核です。その症状としては、痛みや出血、痔核の…...

 

便秘記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。