胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 胃がん

胃がんの危険率

胃がんは罹患率は一番高く、予防するにはまずは塩分を控えることになります。死亡率は減少しているものの罹患率トップに位置しているのが胃がんです。40歳までは男女の罹患率はほぼ同じですが、年齢が高くなるにつれ、男性の比率が高くなります。罹患率のピークは、男性が60歳代、女性が50歳代です。70歳を超える…...

 

胃がんの症状

胃がんになってもはじめのころは特に何の症状もありません。ただし、ある程度進行していくと、胃部の痛みや不快感、重圧感や、吐き気、食欲不振などがでてきます。胃部の痛みは、空腹時や食後2〜3時間以内が多いようですが、進行すると、たえず鈍痛を覚えたり、胃にはれものあるのが分かるようになってきます。胃がんが進…...

 

胃がんと胃潰瘍の関係

胃がんと胃潰瘍の関係胃がんは、がんのなかでも最も日本人い多いがんでしたが、ここ数年においては、肺がん、大腸がんが増加する一方で、胃がんにかかる人は、減少傾向にあります。そうはいっても油断は禁物です。集団検診とか内視鏡のの検査、技術が進歩したおかげで、早期発見、早期治療ができるよになっていますが、実…...

 

胃がんの原因とリスク因子

胃がんの原因とリスク因子 胃がんは消化器の中でもよく見られる癌で、40歳以上の男性に多く発生します。特に日本、チリ、アイスランドでの発生率が高いようです。アメリカでは、ここ数年胃がんが減ってきました。専門家によると発生率の低下は、塩漬けや薫製の食品を以前ほど食べなくなり、ビタンミンCの摂取が増え…...

 

胃がんの危険性を10倍にするピロリ菌

胃がんの危険性を10倍にするピロリ菌ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)の感染暦のある人は、感染暦のない人に比較して、胃がんになる危険性が10倍になることが厚生労働省研究班の大規模疫学調査でわかりました。1990年〜1995年にかけて全国で40〜69歳の、男性1万5300人、女性約2万6700人に血液を提供しても…...

 

胃がんは日本では減少?

胃がんは日本では減少?一般に普及した減塩傾向などで、日本では、胃がんの発生も減少傾向ですが、いまだに年間5万人も死亡するがんです。1993年までは胃がんは、がんの死因のトップに君臨していました。これからはさらに減少していくと言われています。それは、胃がんの検診で、早期の胃がんが発見されるようになっ…...

 

胃がんの治療法

胃がんの治療法胃がんの治療は、がんの進行具合によって治療方法も異なってきます。それはがんの大きさというよりも、がんがどの深さまで進行しているかで決まってきます。胃がんで、がんが粘膜内にとどまっている場合がんの治療法を決められる場合もっとも大切なことは、胃の周囲のリンパ腺に転移の可能性があるかどうか…...

 

胃がんの血液検査

胃がんの検査/ペプシノーゲン法 ペプシノーゲン法とは簡単に言うと血液検査の胃がん検査のことです。ペプシノーゲン法とは 加齢とともに胃の中はくたびれてきます。これが慢性胃炎(萎縮性胃炎)です。 慢性胃炎は胃の表面にある粘液が薄いので、胃は常に自分で分泌した胃液(胃酸)により攻撃を受けること…...

 

胃がんの初期症状

胃がんの初期症状早期の胃がんの症状はほとんどわかりません。早期胃がんの見つかるケースで一番多いのが、胃炎や胃潰瘍で胃のあたりが痛いというので胃カメラを飲んだら、たまたま見つかったというのが圧倒的におおいです。その次に多いのは胃がん検診から見つかるケースです。このように胃がんを早期の段階で治すには、…...

 

胃がんの阻止効果

胃がんの阻止効果野菜や果物には胃がんを阻止する効果があります。がんを阻止する効果のあるものを発がん抑制因子といいます。これまでの統計によると、発がん抑制因子は、緑黄色野菜、新鮮な果物などにあることがわかっていて、これらの食品にふくまれる、ビタミンACEなどの作用が胃がんの抑制にプラスにはたらきます…...

 

胃がんの進行と転移

胃がんの進行と転移胃がんは最初のうちは粘膜にとどまっていますが、しだいに発育して胃壁の深部に浸潤していきます。一般に早期がんと言われているのは、がんが粘膜下層までにとどまっているものを指し、それよりも深部に浸潤したものを進行がんといいます。胃がんが固有筋層に達すると、リンパ節転移、血行性転移が目立…...

 

胃がんの原因

胃がんの原因胃がんの最大の原因は食生活にあります。特に塩分のとりすぎは、胃がんにとって最も危険な要因です。胃の内壁をおおう粘膜が塩分によって破壊され、がんが発生しやすい状況をつくると考えられています。胃がんは過度の飲酒、雑炊などの熱い食べ物、肉や魚のこげた部分も胃がんの原因になります。さらには夜食…...

 

胃がんのリスク

胃がんのリスク胃がんで死亡する日本人の数は、徐々に減る傾向にあります。それは集団検診などの早期発見、治療法の進歩などがおおきな原因です。ただ、胃がんの発生率そのものは横ばい状態で、油断は禁物です。胃がんのリスク 塩分日本人の食事はどうしても塩分をとる傾向が、あります。塩鮭、漬物などの塩蔵品は、胃が…...

 

胃がんの症状について

胃がんの症状について日本では胃がんのかかる割合がアメリカより高率ですが、日系人では日本と米国白人の中間のがんにかかることをを示すことが多くみられます。これは食生活の変化をはじめとする生活環境の変化によるところが主な原因です。胃がんの発生が生活習慣や環境要因と関係していることを示しています。胃がんは…...

 

胃がんについて

胃がんは日本人に一番多いがんです。胃がんは早期の胃がんと進行性の胃がんに分けられます。進行の胃がんになると、転移をおこしやすく、その予後は非常に悪くなります。胃の壁は、表面側から粘膜層、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の5層になっています。粘膜層から、粘膜下層までのものは、その広さに関係なく早期…...

 

胃がんから/王監督復帰戦飾る

胃がん手術から復帰 王監督が復帰戦飾った日刊スポーツ王監督が胃がん手術で長期離脱を発表した昨年7月5日の西武戦以来、234日ぶりに試合で指揮を執った。ベンチでは立ちっぱなしの気迫の采配で、1点を追う9回1死一、三塁から江川の左前適時打で同点とし、さらに1死満塁から斉藤秀の右前適時打でサヨナラ勝ちし…...

 

胃がんの治療

胃がんの治療法胃がんの治療は、基本的に切除をすることになります。早期の胃がんでは、内視鏡を使用する切除も行われます。胃がんで内視鏡の治療の適応になるのは、がんの大きさが1〜2センチ以下で、粘膜にとどまっていて、がんの性質やできている場所が適している場合で、早期の胃がんの1〜2割が該当します。内視鏡で…...

 

胃がん/胃がん・検診検査

胃がんの検診と検査胃がんは今日本では減少の傾向にありますが、依然としてその数は多いがんです。胃がんは早期に発見すればほとんどが治癒してしまいますが、早期にはほとんど自覚症状がないので、定期健診が発見の決め手になります。胃がんの検診は、一次検診としてエックス線検査を二次検診として内視鏡検査を行うのが…...

 

胃がんの治療

胃がんの進行が胃の周りのリンパ節までの場合は胃の一部をとリンパ節を切除します。胃がんが噴門にきているときには胃は全摘になります。また胃がんが腹膜などに転移をしていると完治はさらに難しくなるそうです。胃の一部の切除は胃の機能がのこりますが、どちらにしても食べ物の通り道は必要になります。基本的には外科…...

 

胃がんの症状・原因

胃がんは胃潰瘍の進行形ではありません。胃がんの原因とされているのが食生活の乱れ、刺激的な食べ物、あるいは喫煙、飲酒、精神的なストレスなどがあります。この胃がんの原因は、胃潰瘍の原因にもにていますがこの両者はまったく別の病気です。胃がんは遺伝子の変異によっても起こりますが、その発生のメカニズムはまだ…...

 

胃がん記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。