胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 潰瘍

潰瘍とは

潰瘍とは潰瘍は皮膚や粘膜の一部が欠損してしまってえぐられた状態をいいます。消化器官では口から肛門までの粘膜のどこにでもできます。それらが出来る場所よって、食道潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、ならびに直腸潰瘍などと名づけられています。胃に穴があくというのは胃の壁に穴があくというこ…...

 

潰瘍とは

潰瘍とは胃・十二指腸潰瘍は、強力な消化液である胃液によって、胃壁や十二指腸が自己消化を起こしてしまう病気で、このため胃・十二指腸潰瘍を総称して消化性潰瘍と呼ばれています。潰瘍とは、身体の組織の一部が欠損してしまった状態で、欠損の程度が粘膜筋板に達しない傷をびらんといい、それより深い傷を潰瘍といいま…...

 

潰瘍記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。