胃腸の病気【胃腸の病気の症状と対策法】 > 食道の病気

食道炎の症状について

食道炎は、食道の粘膜が炎症を起こしてしまい、粘膜の表面が欠損し、ただれた状態などが生じる病気です。食道粘膜が傷害され、炎症性の変化が生じた状態です。頻度的に最も多く臨床的にも問題となるは逆流性食道炎です。内服した薬剤が食道内に停滞することで発症する薬剤性食道炎、強酸や強アルカリなど腐食性薬剤の誤飲…...

 

食道がんの予防

食道がんは、たばことお酒の習慣がつづくと危険性が30倍になります。日本では、男性に多くみられるがんで、発症のピークは60歳代です。口から入ったものが胃に到達するまでに通る管状の臓器を食道といいますが、その粘膜は通過物の影響を大きく受け、発がんにつながりやすくなります。原因 おもな原因として、三つが…...

 

食道狭窄の症状

食道狭窄は、食道の内腔が狭くなり飲食物の通りが悪くなる症状です。食道のトラブルから物理的な狭窄を生まれ、食物の通過障害をおこした状態です。食道狭窄をおこすと嚥下障害に、嘔吐を伴うこともあります。食道狭窄の原因として、食道潰瘍や食道損傷などの治癒過程で起きることが多く、病変の痕がひきつれやもりあがり…...

 

食道炎の症状と治療

食道炎は、食道の粘膜が炎症を起こしてしまい、粘膜の表面が欠損し、ただれた状態などが生じる病気です。胸やけや、飲食物を飲み込むときにしみる感じのほかに、胸に痛みを覚えるようになったり、吐血をしたるすることもあります。食道炎になる原因では、胃液や膵液などの消化液が食道に逆流をすることで、その刺激からお…...

 

食道アカラシア

食道アカラシアは、食道の蠕動運動に障害が起こってしまい、胃に近い部分の食道の筋肉が弛緩しないために食道内が十分に広がらず、食道がつかえてしまう病気です。食道アラカシアになると、食べたものが飲みこみにくくなってしまう嚥下障害が進行し、夜寝ているときに嘔吐や咳き込みが発症します。食道での蠕動運動は、括…...

 

食道憩室の症状

食道憩室は、食道壁の一部分が袋状にふくらんだ状態のことをいいます。食道そものは、十二指腸や大腸などと並んで憩室がよくできる臓器です。食道憩室のできる数は普通、一つになりますが、なかに2〜3個できることもあります。巨大食道憩室といわれた場合には甘夏みかんぐらいの大きさのものもあります。特に自覚症状はあ…...

 

食道アカラシアについて

食道アカラシアについて食道アカラシアというのは、難治の病気のひとつになります。食道の食べ物を運ぶ蠕動運動が消失して、胃の噴門がうまく開口しないために嚥下障害が発症します。食道アカラシアが進行すると嘔吐や体重減少などがでてきます。病気の兆候がでてくるのが10歳代からで、それから、発病し徐々に進行します…...

 

食道がんの主な症状

食道がんの主な症状主な食道がんは扁平上皮がんと腺がんで、食道粘膜にでてきます。こうしたがんは食道のどの箇所にもできて、食道が狭くなったり、食道内にこぶのようなものができる、粘膜に扁平な病変ができる、食道と気管につながる異常な通路ができるといった形ででてきます。早期の食道がんの場合は特に症状がありま…...

 

食道の閉塞について

食道の閉塞について食道は狭くなったり、完全にふさがってしまうことがあります。こうした症状は、遺伝的要因によるものもまれにありますが、その多くの場合は食道の損傷や腫瘍が原因となって起こります。食べものや異物も食道をふさいでしまうことがあります。胃酸が食道へと繰り返し逆流すると、食道粘膜が損傷され、こ…...

 

食道がんの危険度が10倍

食道がんの危険が10倍東北大学の石川医師達は、40歳を超えた男性を対象に、生活習慣病と食道がんの危険度を調べました。1984年に約9000人、90年に1万8000人に対し、食生活などを尋ね、それぞれ9年間と7年7ヶ月間追跡したところ、78人が食道がんを発症していました。タバコを愛飲している人の食道…...

 

逆流性食道炎の増加

逆流性食道炎の増加最近、逆流性食道炎の症状を訴えている人が増えているそうです。ストレスが大きく関係していると思われます。逆流性食道炎は、胃の内容が食道内に逆流し、食道粘膜が胃液や十二指腸液にさらされることで発症します。生理的に食道胃接合部には胃内容の逆流を防止するための複雑な逆流防止機構が備わって…...

 

食道静脈瘤とは

食道静脈瘤とは食道静脈瘤は、食道粘膜の静脈がもこもこと膨らんで、瘤のようになった状態を指します。食道静脈瘤は門脈の内圧の上昇によって引き起こされるもので、門脈圧亢進症の一症状でもあります。門脈は、胃や小腸、大腸、胆のう、膵臓といった消化器や、脾臓からの血液を集めて肝臓に送り込む1本の太い静脈です。…...

 

食道がんは怖いがん

食道がんは怖いがん食道がんは多臓器への転移率が高く予後はあまりよくありません。食道は、食べたものを胃まで運ぶ長さ約25センチの管状の臓器で、心臓、肺、大動脈に囲まれています。また食道の周囲にはリンパ節や呼吸や心臓の動きに関係する重要な神経が網目状に走っています。食道は周囲に重要な臓器があり、またリ…...

 

食道がんの症状

食道がんの症状食道がんの大半は、ものを飲み込むと胸につかえるという症状で発見されます。そのほかに、胸の違和感、胸から背中に響く痛みなどがあります。また、食道がんはリンパ腺への転移が早いため首のリンパ腺の腫れや、声がかすれて発見されることもしばしばです。こうした食道がんは、かなり進行しているといえま…...

 

逆流性食道炎について

逆流性食道炎について逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流して、食道粘膜に炎症を起こす病気です。 脂っこい食事をした後は、胃酸の分泌が活発になります。そのために、誰でも多かれ少なかれ胸やけなどの不快感を覚えます。 こうした不快な症状は一時的なものです。時間とともにおさまるのが普通ですが、日常的に感じるよう…...

 

逆流性食道炎について

逆流性食道炎について食べ過ぎ、飲みすぎで胸やけを起こす人は、少なくありません。しかし、胸やけがたびたびおきるようなら逆流性食道炎という病気の疑いがあります。 逆流性食道炎は、もともと欧米に多く、日本ではあまりなじみのない病気でした。ところが食生活の欧米化などともに少しずつ、その数も増えてきています…...

 

食道がんは早期発見

食道がんは早期発見食道にはがんができやすく、大きくなってしまうと大手術になるので、早いうちに見つけてしまうことが重要です。食道は物が通過する道ですから、がんの塊ができると物がつかえてしまいます。水分は通るけど硬いものを食べるとつかえた感じがする思ったら、すぐに医者にいくようにすることです。見つかっ…...

 

食道がんの症状

食道がんの症状食道がんが発見されるきっかけになるのは、食べ物がのどにつかえる感じがしたり、胸骨の裏側のあたりがしみたり、痛むなどの症状から、はじめて病院へ行き、食道がんと診断されるケースが多いそうです。食道がんで最も重要なサインは、硬いものやぱさぱさしたものを食べたときのつかえ感です。しかしこの段…...

 

食道静脈瘤について

食道静脈瘤について食道の静脈がこぶのようにふくらんでいる病気を食道静脈瘤といいます。こぶが破れて大出血を起こし、出血性ショックで死ぬこともあります。食道静脈瘤の大部分は、肝硬変が原因で起こります。肝臓に不安がある人は、肝臓をいたわることが第一の予防になります。もうすでに肝硬変になっている人は、定期…...

 

食道炎について

食道炎について食道炎は、一言で言えば、食道の粘膜に炎症が起きてただれる病気です。本来食道の粘膜は防御力が強く、めったなことでは、ただれたり、傷ついたり、しませんから、これがおかされるのは特別な原因があります。食道炎は機械的な刺激や酸性、アルカリ性の強い液体を間違って飲んだときなどに起こる急性食道炎…...

 

食道の病気記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。